Re: 奇しき色の大鹿

奇しき色の大鹿 についてのコメント&レビュー投稿
昔、九州の山国での話。 ある村に長者がおり、この長者には美しい一人娘がいた。娘の美しさは村の評判となり、娘を一目見たさに大勢の男が毎日長者の家の門に押しかけた。 ところ...…全文を見る

Re: 奇しき色の大鹿

投稿者:beniko 投稿日時 2013/9/15 15:58
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
出典元の本「日向の民話 第二集,未来社」を確認してみましたが、残念ながら場所を特定する地名などの明記はありませんでした。
細微な情報としては、話者が西都市妻町酒元に住む松下ハツさん、という事ですので、この周辺の山奥かもしれません。

※この未来社の民話シリーズの本には、全巻とおして簡易地図が巻頭に記載されているのですが、この「日向の民話 第二集」に限って簡易地図の記載はありませんでした。
投票数:38 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)