Re: 死人とめおと

死人とめおと についてのコメント&レビュー投稿
昔、越後のある村に太助(たすけ)という百姓がいた。 太助は働き者であったが、もう30才だというのに、どういう訳かまだ嫁さんがいなかった。そこである日、太助は村の鎮守様にお...…全文を見る

Re: 死人とめおと

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/9/17 23:16
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と同じ話が、未来社の「越後の民話・第二集」にも収録されています。
「死人と夫婦」(糸魚川市大久保)という話です。
「十月の神なし月には、もとは、村々のちんじゅの神様がたが、出雲のお宮に集って、人間の縁組をきめなさるという。なかなか、嫁のない、三十もすぎた男が、出雲のお宮の縁の下にもぐり込んで、こんどは、自分の縁組がきまるだろうと思って、聞いていた。」という書き出しで始まっています。
主人公の名前は書かれていませんが、“生きよ餅”の由来については書かれています。
「その村では、人が死んだときに、すぐに生き返るように、イキョモチというて、餅をつくということだ。」
出典は未来社の本ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
投票数:2 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)