返信する: 各話のコメント
ドンドケ池の竜 についてのコメント&レビュー投稿
加賀の国の山里のとある寺に偉いおでさん(和尚様)が住んでいた。おでさんは毎日厳しい修行を積み、また毎日精魂を込めて写経を続けていた。 その頃、周囲の村々では若者が熊を殺...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: ドンドケ池の竜
投稿者: Perenna 投稿日時: 2019/5/12 23:38

玉井画伯の絵柄についてなのですが。
いつ見ても怖いですね(笑)
温厚そうなお坊さんが急に激怒して、筋肉隆々の体と鬼の形相で村人たちにお説教するシーンは、まるで「北斗の拳」のケンシロウを連想させます。
モノクロを基調とした紙芝居風のアニメでありながら、カラフルでサイケデリックな色調を散りばめた絵柄と、ちょっとキモチワルイ感じを抱かせる独特のキャラデザインが、なんとも言えない魅力とインパクトを感じさせます(笑)

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

47 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)