返信する: 各話のコメント
密僧坊 についてのコメント&レビュー投稿
昔、近江のある山寺に、密僧坊(みっそうぼう)という若いお坊さんが厳しい修行をしていた。この密僧坊は、どういうわけか味噌が大好きで、修行をこっそり抜け出しては村人から味噌...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: Re: 密僧坊に所縁のある場所
投稿者: araya 投稿日時: 2011/11/26 22:13

原作の『近江の伝説』(角川書店)に詳細な伝説と名所案内があり、「密僧坊」の話も「豆の木だいこ」の舞台となった金剛輪寺の僧として紹介されていました。そして、金剛輪寺の北を流れる犬上川に「大蛇の淵」と呼ばれるところがあり、密僧坊の話の後段で大瀧神社とともにここが紹介されてましたので、ひとまず、密僧坊が人を襲ったかもしれない橋の上にポインティングしてます。ただ、個人的には、下記の「大瀧神社」の紹介サイトで「大蛇の淵」と紹介している神社の裏がイイかもと言う気はします。

http://g.co/maps/c4524

グーグルマップでは地名が出ませんので、国土地理院の地図も書きに記しておきます。が、妙に「大蛇の淵」の表記は位置がズレているような…。

http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=136.29905555648&latitude=35.189841025036

ちなみに、大瀧神社はこんな感じの所です。水の神様ですが、味噌は供えなさそうですわ(^_^)。それと研究所で書いた犬の話にまつわる犬胴塚の画像もありますので参考までに…。

http://blog.goo.ne.jp/kue-biko/e/0ca52a035e5f8fa96236933536d39295

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)