返信する: 各話のコメント
分銅狐 についてのコメント&レビュー投稿
昔、どん兵衛という楮(こうぞ、和紙の原材料の樹木)買いの男が、かかあと5人の子供たちと貧乏暮らしをしていた。このどん兵衛さん商い下手なうえにお人よしときていたもので、い...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 分銅狐
投稿者: araya 投稿日時: 2011/11/26 21:44

原作の『周防・長門の民話』(松岡利夫,未来社刊)によると、舞台は「玖珂と都濃境の山奥の村」とあり、都濃郡で採録されたものとのこと。また、楮問屋という特殊な業種が登場する点から、当該地区にある江戸期からの紙の産地であれば、萩藩の山代と徳山藩の須万があり、都濃郡なら須万村となりますので、ひとまず、山口県周南市須万(須金地区)でよろしいかと思います。
一応、須金地区ならどこでもよいのですが、紙の産地ということで紙の神様がいますので、人丸神社にポインティングしました。ちなみに、人丸は人麻呂、柿本人麻呂が主神となりますので、後は稲荷社があるかどうか、引き続きの調査と致したいと思います(^Д^;。

http://g.co/maps/xgxw4

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)