返信する: 各話のコメント
赤子坂 についてのコメント&レビュー投稿
昔、昔、幾昔も前の事、甲州と信州とで戦をしておった。 清春のあたりは信州に近いから、いつも攻めたり攻められたりと大変じゃった。そのうち、信州の大河原という所のお殿様が...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 赤子坂
投稿者: Perenna 投稿日時: 2019/4/12 22:45

長野県下伊那郡大鹿村大河原に伝わる昔話をインターネットで調べてみました。
大正6年に出版された「日本伝説叢書・信濃の巻」には、「釜澤の詩」というものがあります。(コマ番号259/272)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953569

南北朝時代に大河原城を拠点として東国経営を押し進めようとしていた、宗良親王・尹良親王父子のことが書かれています。
また、信州大河原の豪族の香坂氏で有名な人物といえば、この親王父子を庇護して南朝方に忠勤を尽くして足利方と戦った香坂高宗という武士がいます。
大正5年に出版された「贈位功臣言行録」という本の香坂高宗の人物伝には、次のようなことが書かれていました。(コマ番号70/264)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/955104/70

「応永三十一年、尹良親王は南朝のために義兵をあげしが、事遂に成らず、其子良王を二心なき武士に託し、信濃大河内にて自殺したまひぬるよし、信濃宮伝に見ゆ。」

尹良親王の嫡子の良王が、この昔話のモデルになっているのではないでしょうか?

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)