返信する: 各話のコメント
かがしの神さん についてのコメント&レビュー投稿
ある年、稲の実りもよく秋は豊作と思われたが、雀たちがついばんでお米を食べてしまうのでした。スズメを追い払っても追い払ってもきりがない。そこで九兵衛(きゅうべえ)が本家に...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: かがしの神さん
投稿者: Perenna 投稿日時: 2019/2/7 23:52

かがしの歌を聞き取ってみました。

「ほーいやー
ほーいやー
ほーいやほー
あわどりもかてー
ほにゃーどりもかてー
みーんなーかてー
ほーいやー
ほーいやー」

おそらく「ほーいやー」というのは、田植えのときに稲の苗を投げて相手に渡すときに「ほうい、ほい」と言ったりするので、その掛け声なのではないかと思われます。
または稲の「穂」そのものを指して「穂や、穂や」と言っているのかもしれません。
「あわどりもかてー」は、穀物の「粟」と稲にたかる雀のような「鳥」を合わせて表現したもので、「かてー」はもちろん食べ物を意味する「糧」(かて)のことだと思います。
「ほにゃーどりもかてー」は、「穂にも鳥(すずめ)がついているが、それも糧(食料)になるんだ」という意味でしょうか?
「みーんなーかてー」は、「みんな食べ物になるんだ」だと思います。
米も粟も稗も穀物なので立派な食べ物ですし、害獣の雀でさえ食べようと思えば捕まえて食べることができます。
この歌はおそらく、まんが日本昔ばなしのスタッフが作った、即興の田植歌なのではないかと思われます。


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)