返信する: 各話のコメント
もの言わぬお菊 についてのコメント&レビュー投稿
お菊は犀川に架けられた久米路橋のほとりに住んでいました。その頃村人の暮しは一様に貧しい生活でした。そして、お菊の家もまた貧しかったのです。 あるとき村の金持ちの倉から小...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: もの言わぬお菊
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2019/2/3 20:24

今日、偶然このサイトでこの話を読み、記憶が蘇りました。
私の記憶では、病気の娘のために父親が盗んだのは、たった一掴みの小豆でした。
それを食べて元気になった娘は、一人で鞠遊びをしている時に「赤まんま食べた。美味しいまんま食べた」と歌い、それを聞いた村人(村役人?)によって、人柱にされてしまう、という話だったと思います。
おそらく、ここに書かれているのが正しい伝承で、アニメではより哀しい話になるように、脚色されていたのかもしれません。
無邪気な娘の鞠遊びが、なんとも哀れだった事を覚えています。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)