返信する: 各話のコメント
藤助どんの鴨とり話 についてのコメント&レビュー投稿
昔、成願寺の近くに、藤助どんという鉄砲撃ちの男がいました。 ある時、鉄砲を持って歩いていると、10羽の鴨がカギ状になって飛んでいました。藤助どんが先頭の鴨を狙って一発ぶっ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 藤助どんの鴨とり話
投稿者: Perenna 投稿日時: 2019/1/6 23:16

この昔話と似たような話は、「炉辺夜話・東北の昔ばなし」(昭和18年)にも収録されています。(コマ番号80/83)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1451358/80?tocOpened=1

「ズドンと一発獲物は沢山・鴨六羽におまけは猪、梨、芋、鮒等々」という題名で、宮城県仙台に伝わる昔話です。
仙台地方の権吉という猟師が鴨の群れに鉄砲を撃ったところ、一発で五、六羽に命中し、流れ弾が猪にあたったので逃げる途中、梨の実や山芋を手に入れ、投げ捨てた鉄砲や被り物の中にドジョウや小鮒、海老などが入っていました。
さらに猪の死体を見つけたので、村民たちといっしょに猪汁を食べてめでたしめでたしという話です。
千葉県に伝わる昔話とは、いったいどのような関連があるのでしょうかね?

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)