返信する: 各話のコメント
お月さん金の鎖 についてのコメント&レビュー投稿
母親と3人の子供が住んでいた。母親は「山姥が出るから決して母さん以外の人が来ても戸を開けてはいけない」と、言い聞かせて隣村へ仕事に行った。 でもそのお母さんも帰りに山姥...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: お月さん金の鎖
投稿者: Perenna 投稿日時: 2018/12/15 21:04

昭和19年に出版された「肥後民話集・続」には、「蕎麦の茎は何故赤いかの話」としてこの昔話が収録されています。(コマ番号55/129)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450605/55?tocOpened=1

山姥が「私はお母さんだよ」といつわって、三人兄弟に手や足を見せびらかす最初のやりとりは、「七匹の子ヤギ」を連想させますね。
また、月から降りてきた鎖に飛びついた山姥は、途中で蜘蛛の糸みたいにプツリと鎖が切れて地上へと落下してしまいます。
「肥後民話集」では地面に墜落した山姥の血が、蕎麦の茎を赤く染めたとあります。
なんとなく「天までとどいた竹の子」と類似した昔話のような気がします。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)