返信する: 各話のコメント
絵姿女房 についてのコメント&レビュー投稿
昔、兵六(ひょうろく)というお人好しの男に美しい気立てのいい妻がいて、二人は仲良く幸せに暮らしておりました。 兵六は妻があまりにも美しいので、その顔にずっと見とれてばか...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 絵姿女房
投稿者: Perenna 投稿日時: 2018/12/14 23:54

「絵姿女房」は、昭和18年に出版された「南蒲原郡昔話集」では、新潟県見附市葛巻(くずまき)での昔話として収録されています。(コマ番号39/112)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062595/39?viewMode=

主人公と結婚した嫁ごの絵姿は、遠く江戸まで飛んでいって、「江戸の公方様」つまり将軍の目にとまります。
将軍のもとに召し出された嫁を救うため、夫は花売りとして江戸城に乗り込みます。
そしてアニメと同じような結末で、公方様と入れ替わって「金の盥(たらい)で手水を使う」ご身分になるというオチになっています。
この公方様とはいったい誰だったのか?
なんとなく、女好きだった十一代将軍の徳川家斉を連想させますね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

11 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)