返信する: 各話のコメント
キジも鳴かずば についてのコメント&レビュー投稿
犀川という川のほとりに、小さな村があった。この川は毎年秋の大雨になると氾濫し、村人を困らせていた。この村に弥平という父親とお千代という娘が二人で暮らしていた。お千代の母...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: キジも鳴かずば
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2018/9/1 23:47

これはさ、単に可哀想や酷いって話じゃないと思うんだけどね。
いや、そう思うことは現代では当たり前だし悪いことじゃないけど、読み込みがちょっと浅くないですか。
それぞれが当時の背景を踏まえての台詞や行動だと思うし。
確かに現代の恵まれた時代に単純に当てはめてしまえば酷い可哀想の一言かもしれないけど、それじゃ語り継がれる昔ばなしにならない。
なんで盗みが必要だったのか、なんで人柱が必要だったのか、その全部をまとめてキジも泣かずばなんでしょう。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)