返信する: 各話のコメント
もの言わぬお菊 についてのコメント&レビュー投稿
お菊は犀川に架けられた久米路橋のほとりに住んでいました。その頃村人の暮しは一様に貧しい生活でした。そして、お菊の家もまた貧しかったのです。 あるとき村の金持ちの倉から小...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: もの言わぬお菊
投稿者: 夾竹桃 投稿日時: 2018/7/8 14:08

画と語りの両方で、細かい描写がされています。特に語りには生々しさがあると思います。
「(実際にお父が盗んだのは小豆ひとすくいなのに、)地主様が一俵と言えば、
一俵として伝わってしまう」
「地主様からの話が村人の総意となって
、お父は人柱として埋められてしまった」
自分が知っているパターンの中では一番、重く、救いがありません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)