返信する: 各話のコメント
角のある子馬 についてのコメント&レビュー投稿
昔、日立の国に野々平(のんのんだいら)という小さな山間の村があり、村はずれの丘の上に伊平衛(いへい)という男が一頭の雌馬を飼っていた。 この雌馬、ある日子馬を産んだのだ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 角のある子馬
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2018/5/19 22:02

時代にもよるけど、江戸時代半ばだと、農民は畑がある以上、そこから引っ越しは勝手に出来なかった。
やっぱり農村からどんどん江戸へ人がきて、江戸が人口過剰になったから、法律で禁止されてしまったんだと。
村の外に相談も危険。村に五人組とか自治集団があると、そこで解決させる。
これも今で言う条例みたいな地方の法律で決められてたから、それに違反すると罰せられる。
そこ考え合わせると、そういうおかしな規則の被害者たちがたくさんいたと思う。
ここでは馬だけど、これが人間だったら?と思うと恐ろしい。
ちょっと肌の色が黒かったり、頭が良すぎたり運動神経良すぎたりと、個性的な子が生まれたら?
アオのお話はそういう、被害者全員のたとえ話の集合体なのかもね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)