返信する: 各話のコメント
しゅのばん についてのコメント&レビュー投稿
昔ある所に、なんとなく生きている男がいました。なんとなく生まれてなんとなく育って、なんとなく大工になってなんとなく嫁をもらって、なんとなく毎日を仕事して暮らしていました...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: しゅのばん
投稿者: araya 投稿日時: 2011/11/14 22:28

同意。現代風にいえば、妻をほったらかして仕事帰りにキャバクラをハシゴする亭主が、飲んだ先々で「朱の盤」という怪異に遭遇しまくり、逃げ込んだ先の妻の顔にホッとして、最後は心を入れ替えるって話でしたね。

朱の盤に魅入られた後の展開は「おいてけ堀」に近いですが、いまだに出現した経緯がよく分からない話ですわ(^_^)。飲んだくれ亭主を懲らしめるために、妻が生霊となって乗り移ったのか、ナマハゲみたいな神が戒めに現れたのか、全く別の愉快犯な妖怪だったのか。突飛な登場で戸惑いましたw

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)