返信する: 各話のコメント
トーツポテンの化け物 についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかしのことじゃった。誰も住まなくなった古い屋敷のあたりに、夜になると化け物が出て「トーツポテン……トーツポテン……」と言って歩き回ったそうな。この...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: トーツポテンの化け物
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2017/11/9 0:29

最初、トッポ=お菓子 だと思いました。

化け物がかわいい。いろいろなものに化けるけど、半端な感じなのが面白いし、かわいい。
どこかに飛ばされただけで、解決していないと思いますが、完全に退治されなくてよかったです。

ひとつ似ている話を思い出したので、書きました。

[ある村で毎晩のように髪を振り乱した巨大な女の化け物が出る。化け物は「無念じゃあ!」と叫びながら歩き回り、人々は恐ろしがっていた。
村に旅のお坊さんが来てこの話を聞き、化け物の正体を見届けるべく、出かける。
お坊さんが夜道に佇んでいると、化け物が現れた。呼びとめて
「何が無念でさまよい歩くのか」
とたずねると、化け物は涙ながらに言った。
「私はこの先にある空き寺の蘇鉄の精です。蘇鉄は根元に金気(かなけ)をほどこしてもらわないと、生きていけません。寺に和尚さんがいた時には、古釘や壊れた鍋釜をほどこしていただけたので、幹も太く、葉も青々としていたのですが、それがない今、私はまもなく枯れてしまいます。それが無念でなりません」
お坊さんは
「よし、わかった。もう心配することはない」
と言い、化け物は空き寺へ戻っていった。
翌日、お坊さんは村人に化け物から聞いたことを話し、皆で古釘や壊れた鍋釜を持って空き寺へ行った。そしてそれを蘇鉄の根元に埋めた。
やがて蘇鉄は青々とした葉をとりもどし、化けて出ることはなくなった。
お坊さんは空き寺の和尚になり、いつまでも蘇鉄の世話をした。]

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)