返信する: 各話のコメント
絹の褌 についてのコメント&レビュー投稿
昔、とてもご利益のある古峯神社(ふるみねじんじゃ)へお参りするのが流行っている村があった。百姓たちは月に一文ずつ積み立てて、年に一度その金を持って、村の代表がお参りに行...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 絹の褌、の古峯神社の場所は
投稿者: araya 投稿日時: 2011/11/7 13:46

古峰講は東日本各地にあって、総本山は栃木県鹿沼市草久にある古峰神社だとか。もし、話中の古峰講がお伊勢参りのようなものなら、山形の話でも栃木に向かった可能性もなくはないかなと…。

ただ、話中の「小遣い込みの旅費が100文」「走って日帰りできる」を信じるなら、1両は銭4000文で100文は3千~1万円ほどですから、やはり山形でいいのかも。せめて、物語がどこの地域か分かれば、古峯神社もどこのものか推定できるのですが、山形市・上山市・鶴岡市・米沢市とありますから難題ですね(^_^)。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)