返信する: 各話のコメント
みそ買い橋 についてのコメント&レビュー投稿
昔、飛騨の国は乗鞍山の西、山ひだの中に沢上(そうれ)という谷があって、そこには長吉(ちょうきち)という大変信心深く、正直な炭焼きが住んでいた。 ある夜のこと、長吉が炭焼...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: え~っと
投稿者: araya 投稿日時: 2011/11/5 0:01

mitsuzakuraさんの方で示されている資料がどこまで記載されてるか分かりませんが、

10世紀、イラクの『悲しみのあとの喜び』
「千夜一夜物語」(アラビアンナイト)
      ↓
欧州各地に伝播し、類話が発生
      ↓
1812年、グリムの「橋の上の宝の夢」(1548年のドイツの民話から収録)
      ↓
1894年、ジェイコブスの「スワファムの行商人」(1622年のプライムの日記から収録)
      ↓
1939年、小林幹の「みそ買い橋」
      ↓
日本各地に伝播し、類話が発生

と、理解しました。もし間違いがありましたら、誰か訂正をお願いします(^_^)。

参考までに、
http://mail2.nara-edu.ac.jp/~takehat/kobore3.htm
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/2204/rapuntueru7.html
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/memb/hayashi/arabiannights.html

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)