返信する: 各話のコメント
みそ買い橋 についてのコメント&レビュー投稿
昔、飛騨の国は乗鞍山の西、山ひだの中に沢上(そうれ)という谷があって、そこには長吉(ちょうきち)という大変信心深く、正直な炭焼きが住んでいた。 ある夜のこと、長吉が炭焼...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: Re: Re: みそ買い橋
投稿者: araya 投稿日時: 2011/11/4 14:14

すみません。自己解決しました。

1939年に、飛騨高山の小学校教師が『世界童話大系』第7巻の「スウォファムの行商人」を参考にして、翻案されたとのことですね。しかも、民話収集家が柳田國男に呈上し、飛騨の昔話として雑誌に取り上げられてしまったとか。また、中国や朝鮮には類話もないと。
はからずも、時代は柳宗悦を始め復古主義的な世相もありましたから、各地に伝播した要因として、当時のオピニオンリーダーでもあった柳田國男の功績?が大きかったわけですね。

個人的には江戸期であれば面白かったのですが、それだけ日本人になじみやすいストーリーだったのかと改めて感心しました。しかし、ちょっと調べただけでいろいろな派生研究が出てくる。結構、メジャーな研究であったことにも驚きました♪

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)