返信する: 各話のコメント
身がわりの石びつ についてのコメント&レビュー投稿
むかし、筑前の国糟屋郡の志免(しめ)という所に源兵衛(げんべえ)という川釣りの大好きな男がいた。源兵衛の女房は臨月を迎えており、今にも赤ん坊が産まれそうだった。 それで...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 身がわりの石びつ
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2016/12/9 23:13

福岡県の道徳の教科書にも載っていました。粉々に砕けた石櫃を前に嘆く両親と、祭りを楽しんで悠々と家路を行く子供のシーンで終わるというなかなか憎い演出。教訓もさながらサスペンスの要素もありましたね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)