返信する: 各話のコメント
山姥の毛 についてのコメント&レビュー投稿
昔、三重のとある城跡に山姥が住むという古井戸がありました。 ある日の事、おもとという百姓の若女房が、焚きつけ用の松葉を拾いにやってきました。おもとは豊かな黒髪が自慢で、...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 山姥の毛
投稿者: simasima 投稿日時: 2016/12/2 0:03

出典が三重県なのに、「大和のとある城跡」はおかしいです。お話でも「大和」になってるのですか?場所は「伊勢国朝明郡萱生村」(現在の「三重県四日市市萱生町」)の萱生城址です。おもとさんは麓の「中村」に住んでいたと言われています。四日市市東坂部町にあった遍照院に髪の毛は保管されていたのですが、昭和末?平成に入って?時期は調べないと忘れてしまいましたが、火災で寺院とともに消失し、住職は鳥羽方面へ移転して寺院を建立したようです。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)