返信する: 各話のコメント
奇しき色の大鹿 についてのコメント&レビュー投稿
昔、九州の山国での話。 ある村に長者がおり、この長者には美しい一人娘がいた。娘の美しさは村の評判となり、娘を一目見たさに大勢の男が毎日長者の家の門に押しかけた。 ところ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 奇しき色の大鹿
投稿者: いたちむし 投稿日時: 2016/5/15 10:13

長い間思い込み誤解していたことに、他人との"ふとした会話"の中で、気づくことがあります。人との会話の効能、ほんとに不思議な力です。
...
本物語「奇しき色の大鹿」も、鹿との約束を村人が破るところまでの話は、「鶴の恩返し」や「雪女」など、多くの物語で見られます。"他人との決まり事(約束など)は、慢心によってその約束事を破ってしまう"という事は、誰でも大なり小なり経験します。その戒めとして、昔話は本当にありがたく思います。
...
この物語は、その教訓の続きがありました。約束を破った動機自体は、その人の慢心によるものだったのですが、その約束を破ったことによって人(女の子)の命が救われたのです。しかも、それは、約束を破られた側(大鹿)が犠牲になったことによるものではなく、大鹿の裁量によって女の子の命が救われたのです。
...
残念なのは、約束を破った側(村人)は、罪の意識を感じて、村を去ってしまったことです。自ら去ったことになっておりますが、約束を破ったことに対して、村人衆から、レッテルを張られていたたまれなくなったのかも知れません。
...
それでは、その村人は、どうすれば、大鹿の約束を破ることなく(=大鹿に大きな迷惑がかかることなく)、人の命を救うことが出来たのか? その方法を、この物語を見た人たちが話し合う上で、とても良い物語ではないかと考えております。


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)