返信する: 各話のコメント
カッパのわび状 についてのコメント&レビュー投稿
昔、岐阜の荒田川の川縁に、村人たちが沢山の綿を作っていた。 ある夜のこと。五作じいさんの綿畑が何者かに荒らされていた。綿の花は摘みきったものも、そうでないものも乱暴に摘...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: カッパのわび状
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2016/3/14 15:08

定時制高校で教員をしています。
親にもいろんな親がいます。とんでもない親もいます。でもみんな子供を思う気持ちに変わりはないんです。不器用で、本当に不器用で、でも何とかしたいって気持ちに偽りはないはずです。
勿論、盗みを肯定するわけではありません。これが、盗んだ綿であろうが、借りた綿帽子だろうが、素敵なお父さんだと思います。
本当にどうにもならなかったんでしょう。だれにも頼れず、自分のふがいなさに嘆きつつ、でもどうしても最後に娘に何かしてやりたい、馬鹿だけど、何もできないけど、ダメおやじだけど、なんとかしたい。
私はそのお父さんの姿に涙がとまりませんでした。
やってることは許されないが、その心意気に和尚が感動したのでしょう。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)