返信する: 各話のコメント
大工と鬼六 についてのコメント&レビュー投稿
大雨が降るとすぐに橋が流されてしまう川があった。 困った村人たちは相談して橋造りの名人の大工に頼むことにした。大工が流れの速い川を眺めていると、川から鬼が現れて、目ん玉...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 大工と鬼六
投稿者: yassan 投稿日時: 2016/2/21 13:55

ginchan 様

マップを岩手県胆沢郡金ケ崎町にしました。ご指摘のとおり、このお話は岩手県胆沢郡のものが最も古いようです。

「大工と鬼六」は、佐々木喜善の『聴耳草紙』に収められた岩手県胆沢郡の話がもっとも古く、その後、岩手のこの例話のほか、山形、福島、岡山からも報告されていますが、日本に類話のすくない、きわめてめずらしい話です。(日本民話の会(高津美保子)『ガイドブック 日本の民話』講談社、1991、135頁)

ただ、以前のmitsuzakuraさんの投稿にあるとおり、このお話は北欧民話の翻案とする説が一般的なようです。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)