返信する: 各話のコメント
キジも鳴かずば についてのコメント&レビュー投稿
犀川という川のほとりに、小さな村があった。この川は毎年秋の大雨になると氾濫し、村人を困らせていた。この村に弥平という父親とお千代という娘が二人で暮らしていた。お千代の母...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: キジも鳴かずば
投稿者: 執行官。 投稿日時: 2016/2/17 23:47

弥平が連行されるとき、バックの音声で

「わしは、一粒も、、食べておりませぬじゃ・・・」(言外に娘のためにやむを得ず窃盗行為に出たことを抗弁する)
ていうんだけど、
言下にタカ派処刑派村人の切れたような声で「苦しいのはみんな一緒じゃ」(言い訳にはならない)って
否定されてしまい、
ついに処刑される場面につながる
ていうのでも良かったと思います。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

65 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)