返信する: 各話のコメント
戸板かつぎ についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある所にとても貧しいおじいさんとおばあさんが住んでいた。この2人、世話好きで他人の借金の肩代わりまでしていたので、家には毎日借金取りが押しかけていた。そして、とうと...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 戸板かつぎ
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2016/1/28 19:50

智頭町(ちづちょう)は、鳥取県の南東部に位置し、鳥取藩の宿場町「智頭宿」で知られる町である。面積の93%を山林が占めている。
地理
山: 東山 (1388m) 、沖ノ山(1318m)、鳴滝山(1287m)、那岐山(1255m)、大倉山(1060m)、桜尾山(957m)、篭山(905m)、海上山(786m)、釈山(753m)、牛臥山(728m)
河川: 千代川
歴史
646年 - 極楽寺が法道仙人により創建。
嘉祥年間(845年 - 851年) - 豊乗寺が空海の法弟である真雅により創建。
1582年 - 光専寺開基。
1889年(明治22年)10月1日 - 町村制の施行により、市瀬村・智頭宿・南方村の区域をもって智頭村が発足。
1914年(大正3年)6月1日 - 智頭村が町制施行して智頭町となる。
1935年(昭和10年)2月20日 - 山形村・那岐村・土師村を編入。
1936年(昭和11年)2月26日 - 富沢村を編入。
1937年 - 芦津渓谷に三滝ダム竣工。
1954年(昭和29年)7月1日 - 山郷村を編入。
1967年 - 智頭宿と板井原集落の間の古峠を抜けるトンネルが開通。
1969年 - 那岐山と芦津渓谷が氷ノ山後山那岐山国定公園の区域に指定。
1994年 - 智頭急行が開通。
2009年 - 鳥取自動車道が開通。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%BA%E9%A0%AD%E7%94%BA

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

58 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)