返信する: 各話のコメント
道しるべの松 についてのコメント&レビュー投稿
昔、青森県の西津軽に小さな村があった。津軽の冬は厳しいもので、日本海から吹き付ける西風は遮るものが無く、物凄い唸り声をあげながら激しい吹雪が村を吹き抜けた。 その村に住...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 道しるべの松
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2016/1/23 18:33

御仮屋公園
弘前藩の奉行所が置かれた地。
藩政期、風待ち湊として北前船の出入りでにぎわった頃、奉行所がこの地に置かれ藩主巡幸の折の旅宿(仮屋)にも使われた。
九代藩主 津軽寧親公は、特にこの仮屋が気に入られ「無為館」と名付けしばしば逗留した。
深浦十二景にも「無為館松嵐」が選ばれ、今、松に吹く風に往時が偲ばれる。(現地案内板より)
住所 青森県西津軽郡深浦町深浦岡町250−1
http://meiji-ishin.com/okariyakoen.html

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)