返信する: 各話のコメント
暗闇から牛 についてのコメント&レビュー投稿
二人の絵描きが、江戸に向かって旅をしている途中で、あまりきれいではない宿に泊まる事になった。 部屋で休んでいると、他の旅人と相部屋を頼まれ、狭い部屋に旅の商人も泊まるこ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 暗闇から牛
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2016/1/20 10:56

「江戸まで後、五里で~」と話の中ではありますが、どこになるのでしょうか?

明暦三年(1657年)の明暦の大火以降
 曲輪内の寺院を江戸郊外(市域の最外周部)に移転させるなど大規模な都市改造が行われた。郊外として挙げられているのは深川、浅草、駒込、目黒。それらの地点までは江戸御府内という考え方だろう。
 江戸は五里四方に拡大し深川、本所、浅草、駒込、小石川、小日向、牛込、四谷、赤坂、麻布、芝までが江戸に入ったが、古町が府内、それ以外を府外と呼んだ。
 また、市域の拡大で当初は江戸御府内の出入り口である四谷の大木戸よりも外側の内藤新宿(現在の新宿)も御府内に含まれた。
http://homepage2.nifty.com/kenkakusyoubai/zidai/edo.htm

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)