返信する: 各話のコメント
機織淵 についてのコメント&レビュー投稿
昔、武蔵の鍛冶久保(かじくぼ)、名栗村という所に一人の木こりが住んでいた。 ある日、この木こりが布渕(ぬのぶち)という滝がある渕の近くで木を切っていたところ、誤って手を...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 機織淵
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2016/1/18 16:22

名栗村(なぐりむら)は、埼玉県の南西部に位置していた入間郡の村。東京都市圏#埼玉県(東京通勤圏)。2005年1月1日に飯能市に編入合併されたため廃止した。
歴史
江戸時代、幕府領は木村飛騨守支配所(関東在方掛)に、属していた。
1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、秩父郡上名栗村・下名栗村が合併し、秩父郡名栗村が発足。
1921年(大正10年)7月1日 - 秩父郡から入間郡へ移行。
2005年(平成17年)1月1日 - 飯能市に編入合併。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E6%A0%97%E6%9D%91

お話の舞台は、旧 秩父郡上名栗村 白岩 、鍛冶久保

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)