返信する: 各話のコメント
金太郎 についてのコメント&レビュー投稿
昔、足柄山の山奥の家に金太郎と母親が暮らしていました。金太郎は産まれた時からの力持ちで石臼をハイハイしながら引きずってしまうほどでした。 金太郎が歩き始めると、母親は金...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 金太郎
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/12/28 17:21

下毛野 公時(しもつけの の きんとき、1000年(長保2年) - 1017年(寛仁元年))は、平安時代の官人。童話「金太郎」のモデルとなったとされる。
下毛野氏は、10世紀以降、代々下級武官を務めた氏族であった[2]。公時は近衛府の下級官人であった下毛野公友を父、尾張兼時の娘を母として1000年(長保2年)に出生した。
1009年(寛弘6年)には、近衛舎人となっており、18歳で死去するまでには番長となり、その間三条天皇の行幸に際しての歌舞(東遊)や、騎射(真手結)、相撲使を務め、併行して藤原道長の随身ともなっていた。
1017年(寛仁元年)8月24日以前に相撲使としてスカウトに赴いた筑紫にて死去。享年18。
伝説化
存命中、近衛府官人「第一の者」と言われ、死後もその評判は衰えなかった。『今昔物語集』では既に源頼光の郎党としての「公時」が見られており、伝説化の始まりと言える。その後鎌倉時代から中世末期にかけ、「頼光四天王」伝説の定着により、次第に「金太郎」伝説となっていったと考えられている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%AF%9B%E9%87%8E%E5%85%AC%E6%99%82

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)