返信する: 各話のコメント
見沼弁天 についてのコメント&レビュー投稿
昔、埼玉の下山口(しもやまぐち)に平吉という馬方が住んでいた。ある日、千住市場へ青物を運んだ帰り道、平吉が西新井宿辺りまで来ると、旅装束姿の美しい娘が疲れきった様子で前...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 見沼弁天
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/12/26 13:32

江戸時代、木曽呂村 と 下山口新田 は、
足立郡、幕府領 大竹左馬太郎支配所(1町6宿111村の内)に属していた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E9%83%A1
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E9%83%A1

木曽呂(きぞろ)は、埼玉県川口市の大字。かつては木曽呂村であった。
川口市の北部に位置し、さいたま市緑区とも接する。東京外環自動車道の川口中央インターチェンジ(道合)の北部に位置する。
河川:芝川・見沼代用水西縁
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9B%BD%E5%91%82


下山口新田(しもやまぐちしんでん)
さいたま市緑区の東部に位置する。北部は見沼の干拓によってできた新田であり、昔から八丁堤より南部に集住していた。見沼代用水西縁と芝川に囲まれており、かつて見沼であった付近には治水のための芝川第一調節池が建設され、西側の池となる。
1728年(享保年間)に行われた見沼の干拓は、殆どが村請けで持添新田開発として実施されたが、上山口新田と下山口新田のエリアは町人請けとし、江戸の商人鯉屋藤左衛門が開発した。鯉屋の姓が山口であったことから、北部にある方を上山口新田、南部にある方を下山口新田と名付けた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E6%96%B0%E7%94%B0

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)