返信する: 各話のコメント
シビラの坂 についてのコメント&レビュー投稿
昔、能登半島の柴垣から滝谷に向かう道筋に、芝原将監(しばはらしょうげん)という領主の立派な屋敷があった。剛腕で強欲な芝原将監は、家来や領民からはたいそう恐れられていて、...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: シビラの坂
投稿者: マニアック 投稿日時: 2011/10/22 20:48

意地悪な、お代官(?)の娘が、嫁入りすることになり、代官は派手な花嫁行列にしようと、百姓のせっかく作った米を道にばらまき、その上を歩かせようと、思いついた。当日、予定通り行列は、米の上を歩いた、しかし途中で、籠の中の花嫁が急に苦しみだし、そのまま死んでしまった。代官は大粒の涙を流して泣いてしまった。(※これがなぜシビラの坂というのかは、わかりません。)

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

55 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)