返信する: 各話のコメント
鼻かけ地蔵 についてのコメント&レビュー投稿
昔、兵庫県城崎の円山川のほとり、楽々浦(ささうら)というところに一人に貧しい漁師が住んでおりました。漁師は海に近い川あたりで漁をしておりましたが、一番魚が採れるところで...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 鼻かけ地蔵
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/11/6 20:56

綿帽子をかぶったお地蔵さん でも、鼻からお米が出ていました。
若い人が恵まれる話しは後で、怠け者になることが多いですね。
お爺さんお婆さんなら、ゆっくり余生を過ごして欲しいと思うものですよね。
若い頃の苦労は買ってでもしろと言いますしね。
ラストは普通に戻れて良かったですね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

57 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)