返信する: 各話のコメント
牛鬼淵 についてのコメント&レビュー投稿
昔、伊勢の山奥に牛鬼淵と呼ばれる深い淵があり、そこには顔が牛で体が鬼という恐ろしい化け物が住んでいると言われていました。この山奥に、二人の木こりが山がけして木を切り出し...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 牛鬼淵
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/11/6 15:57

大杉谷村(おおすぎたにむら[1])は三重県多気郡にあった村。現在の大台町の西端、宮川の最上流域にあたる。
山岳 : 白倉山、古ヶ丸山、江股ノ頭、池木屋山、国見山、小森山、仙千代ヶ峰、大河内山、堂倉山、大台ヶ原山、三津河落山
河川 : 宮川
渓谷 : 大杉谷
歴史
1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、岩井村・檜原村・久豆村・大杉村の区域をもって発足。
1959年(昭和34年)1月10日 - 宮川村と合併し、改めて宮川村が発足。同日大杉谷村廃止。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%89%E8%B0%B7%E6%9D%91_(%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C)

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)