返信する: 各話のコメント
笠羅漢 についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、山の中の竹藪に囲まれた一軒家にお爺さんとお婆さんがおりました。二人とも年を取っているうえに、その年は長雨が続いて、とうとう家には食べる物がなくなってしまい...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 笠羅漢 竹林と十六羅漢の観音寺(竹田)
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/11/5 18:33

古い石段のお寺 観音寺(かんのんじ)
住所:大分県竹田市竹田1782 問合せ先:0974-62-3684 境内観覧自由 観覧無料
http://www.geocities.jp/joysunny/taketa/taketa16.htm

観音寺の十六羅漢
円通閣前の道を進むと1618年に藩主中川公によって建てられた観音寺があります。観音寺へ続く石段の手前に十六羅漢という16体の石像があります。毎年11月の第三、土・日・月に「たけた竹灯籠」(竹楽ちくらく)というイベントが行われ、2万本の竹灯籠が街中に立ち並びます。中でもここ十六羅漢は一番見ごたえのあるスポットになっています。
http://oita.jp-o.net/taketa/t_jyouka/k_rakan.htm

誘われて、竹田竹楽(竹灯篭祭)
毎年、11月の中旬に開かれ12回目を迎えたそうです。
なんと、竹田城下町を何万本もの竹灯篭が灯されて幻想の世界を醸し出します。
一番の見所は、十六羅漢と言われています(必見です!) 観音寺の苔むした石段の光と影のコラボレーション、夜空に映し出される羅漢象が素晴しい
http://blog.goo.ne.jp/a-yamahiro/e/aa20b63380cb73cb71565fc98e8d4753

城下町竹田は竹細工も有名
竹楽は、荒廃が進む竹林を改善し、また、市街地の活性化に生かそうと、平成12年に始まったイベント。観音寺の十六羅漢や武家屋敷通りなど城下町の風情が残る街中に、竹灯籠をともして、幻想的な情景をつくりだし、多くの観光客を楽しませている。
http://area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar1044212/le2443/20141106/2_201411051552211415/


観音寺 十六羅漢様は、お話の舞台としてとても合致しています。
竹田は竹林が多く竹細工産業も盛んでした。
残念ながら杵築市ではありませんが、大変近くではあります。
web上調べて類推してみました。もっと詳しく判るといいと思いますが・・・。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)