返信する: 各話のコメント
宝しゃもじ についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、ある村に貧乏だが仲の良い夫婦が住んでおりました。ある日、女房は山へ山菜を採りに出かけ、山奥の黒池の近くまで来てしまいました。 すると突然風が吹いてきて、池...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 宝しゃもじ
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/11/5 13:24

杉池
原生林に囲まれた神秘的な雰囲気の池です。付近には樹齢三百年以上といわれる木々に囲まれ、池面にはミズバショウが群生し、春にはユキツバキも咲きます。
杉池大明神
自然の神秘があふれる杉池ですが、近くの赤玉集落の貴重な用水源でもあります。
手前の貯水池のさらに奥(奥の院)に進むと、神社が祀られています。毎年5月下旬にここで例祭が行われ、大鬼舞・大獅子・花笠踊り・小鹿舞などが奉納されます。
自然の神秘に囲まれ、人々の生活・文化・信仰とともにあり、佐渡を象徴する池ともいえます。
ミズバショウの群生
初夏になると、ミズバショウの群生が花を咲かせます。(写真撮影時は見頃を過ぎてしまい花は見れません)
周辺には遊歩道も整備されているので、神秘的な雰囲気の中散策を楽しむことも出来ます。
春にはユキツバキが咲き、秋には見事な紅葉を楽しむことが出来、自然に親しむことが出来ます。
高い広葉樹に囲まれているためか、周辺とは隔離された別世界のような雰囲気があり、なんとも神秘的です。
杉池と御神木
実は上の写真は杉池本体ではなく、後に整備された「貯水池」です。
本来の杉池はこの貯水池の奥(奥の院)、杉池大明神の左手にあります。写真に映っている左側の杉の木が御神木です。
http://www.sadokoi.com/area/sugiike.html

― 杉池入口に設置された看板より転載 ―
杉池(貯水池)
赤玉杉池は両津より南東に海岸線で約三十五キロメートル、昭和四十年に県道として開通した赤玉両津港線の沿線 通称四十八ヶ所海抜四百メートルの地にある自然の沼地で、赤玉部落二十五町歩水田の大切な用水路である。
この池の大きさは約十アール、樹齢三百年以上ともいわれる様々な樹々と水バショウ、雪椿の群生にかこまれている静かで神秘的ともいえる池である。
周辺の広葉樹林 杉池と御神木
沼地のほとりに直径約二メートルもある一本の大きな杉があり、これを親木としてその根から更に大小の杉の成木が派生林立して誠に不思議な景観を呈しており、古来から誰いうなく、この池を杉池と称するようになった。
この山一帯は部落の共有で、赤玉耕地二十五町歩の水源涵養林として大切に保存されてきており、また滋には杉池のほかにヒョウタン池と称する面積約三十アールほどの小さい用水池がある。 ここには常に杉池から大量の地下水が注がれ、中の川に支流し、灌漑用水として部落民を潤している。
昭和四十年「天然記念物 杉池広葉樹林」として県の文化財の指定を受け、両津市の八の字(8の意)観光ラインの前浜地区拠点になっている。
また春から秋にかけて、島内はもとより、島外からも自然との触れあいや、霊気を求めて訪れる人、多種多様な植物観察をかねた学生、生徒等、無慮一万人と推定されている。
杉池は水神の王 竜神を鎮り杉池大明神として崇め奉り、毎年六月十五日を例祭として数百年間続けられており、当日は部落の古典芸能の奉納 その他多彩な催し物があり、千人をこえる入山者で賑わいをみせている。
鳥居 杉池は地域の信仰の対象でもある
杉池一帯は竜神を鎮る神秘の山として、村人たりとも容易に入ることができず、特に女人の入山は厳禁され、昭和の始め頃までしばしば、水不足に悩んだとき、農家の家主が山に泊まり込みで雨乞い祈願(真言)を行い、その時の食料は里でつくり、山まで運んで鳥居の外で受け渡し、後で塩をまいて浄めたといわれている。
また近郊の部落からも大勢の農民が一升びんを下げて雨乞いに登り、杉池の御水を受けて帰り田圃の水口に滴して干害と病虫害の斥けを祈った。
そしてこの水を家の神棚に供えて保存しておき、万病の薬として使用し、今日でも尚行っているが、何時までたっても腐らず、澱まず、澄んでいて、誠に霊妙というべきである。
伝えられるところによると、昔 京都から○○と称するものが者が移住してきて、この一帯の自然を利用し、原住の農民を指導して今日の用水池(ヒョウタン池)を造り、この地方の開田を計ったといわれており、以来 治水のため山を保護し杉池大明神を鎮り、農夫の守護神として、また精進の拠りどころを求めた古人の叡智智恵というか、偉大さに我々はひたすら感謝するのみである。

この尊い遺産を何時までも大切に守り、幾代に伝えたいと祈念する。
― 両津市・赤玉観光協会 ―
http://sadokoi.com/area/sugiike_2.html

美しい写真が沢山載っています。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)