返信する: 各話のコメント
雷さまと桑の木 についてのコメント&レビュー投稿
幼くして父親を亡くした男の子が、母親のいいつけで茄子の苗を買ってきて植えると、苗はぐんぐん伸びて雲の上まで届いた。その茄子の木を登って雲の上に行くと、大きな屋敷があった...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 雷さまと桑の木
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/11/1 17:44

雷と桑の木
昔々、老夫婦と息子夫婦が野良仕事の最中、空が曇り、雷が鳴った。雷は桑の木に落ち、光とともに男の子が現われた。子供がいない息子夫婦はヒカルと名づけて育てた。十年後、ヒカルが雷様だと知り、薪を燃やして、ヒカルを天に戻してやった。その話を聞いた隣の爺さんが天に昇りヒカルとそっくりの雷様を見たのだが、足を滑らし地上へ落ちた。しかし桑の木に引っかかり助かったため、それ以来、雷の日に桑の木の枝を一、二本切っておくと災難に遭わないといわれている。
http://www.neeminna.jp/story_html/story108.html

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)