返信する: 各話のコメント
ねこおどり についてのコメント&レビュー投稿
昔、秋田の鹿渡(かど)という所にジュンショ?という家があった。ここの嫁は良く働くがだらしがなく、家の事や子供の面倒を見るのは好きではなかった。 ある日、家の上がり口に脱...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: ねこおどり
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/10/30 19:51

化け猫(ばけねこ)
夜、七つになる子どもの着物を屏風に掛けておくと、毎朝その着物が濡れている。酒屋から「子どもが毎晩酒を買いに来る。代金が溜まっている」と言われる。親父が夜、長畑の地蔵さんの杉林を通ると、「太郎助親父、今夜も酒を買って来たかァ」と言う声が聞こえる。親父は、俺の猫のことだなと思って、試しに「ちゃっこ(猫)」と呼ぶ。すると「にゃおー」と鳴いて出てくる。秘密を知られた猫は、その後姿を見せなくなる。
話者は辻ハルエ。明治40年6月1日 秋田県北秋田郡阿仁町水無湯口内生まれ。
http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)