返信する: 各話のコメント
ねこおどり についてのコメント&レビュー投稿
昔、秋田の鹿渡(かど)という所にジュンショ?という家があった。ここの嫁は良く働くがだらしがなく、家の事や子供の面倒を見るのは好きではなかった。 ある日、家の上がり口に脱...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: ねこおどり
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/10/30 18:56

ねこじやおどり
月夜の晩にお寺の後ろの墓所で何か騒ぐ音が聞こえると村で評判になったころ、魚屋の一歳になる娘の着物が朝になると濡れていた。魚屋の兄が着物の番をしていると夜中に魚屋の古猫のミケが人間に化け、娘の着物を着てお寺の墓所に行った。そこには二つ三つになる男女の着物をきた化け猫達が八匹も居た。どの猫も下駄を履き、手ぬぐいを被り「ねこじゃ、ねこじゃ・・・」と、手拍子足拍子で踊りだした。朝になると、猫は元の猫の姿で知らぬふりをしていた。
鹿角郡八幡平村
http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)