返信する: 各話のコメント
雨を降らせる白なまず についてのコメント&レビュー投稿
昔、福岡の宗像(むなかた)は、美しい山と豊かな田畑に囲まれた静かな里だった。 ところがある年の夏、日照りが続いたため、田畑はカラカラに乾き、作物はみな枯れてしまった。村...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 雨を降らせる白なまず
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/9/25 20:25

 新立山(権現山)(326m 福岡県宗像市)
宗像市赤間と宮若市笠松地区の境界にあるこの山は「権現山」とも呼ばれており(宗像市側からは「新立山」、宮若市側からは「権現山」と呼ばれている)、標高326mと低山ながらも山頂からの展望が素晴らしく、玄海方面は響灘・玄界灘を、鞍手方面は六ケ岳や福智山を、筑前山口方面は西山・犬鳴山を見渡せる大パノラマを望むことができる。この眺望の素晴らしさと低山である安易さもあってか人気のある山で登山者が絶えることがない。
宗像市の新立山(権現山)、樹林の中 石祠(権現様)が祀られている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%AB%8B%E5%B1%B1

武守権現神社の元宮となる。
権現神社(武守神社・武守権現神社)は、旧「龍王権現(ジョウセンジ)」(附録)で「白鯰の恩返し伝説」等でも知られている

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)