返信する: 各話のコメント
おらびぐら についてのコメント&レビュー投稿
昔、九州は宮崎でこんな話が残っているそうじゃ。 人里離れた山奥の谷に、炭焼きの家があった。雨が降る晩のこと、炭焼きの親父が寝ていて、悪夢にうなされて起きた。その悪夢とは...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: おらびぐら
投稿者: araya 投稿日時: 2011/10/20 11:05

「おらびぐら」って言葉。宮崎の方言で調べると、「おらび」というのは「大声・叫び」のことで、「大声を出す・叫ぶ」って意味の「おらぶ」が名詞になったもの、「ぐら」は「走りぐら」「飛ばしぐら」というように「〇〇比べ」という意味のものだったんですね。つまり、おらびぐらとは大声比べ。
言葉の意味は粗筋にもありましたけど、一つの単語からなる不可解な言葉ではなくて、日本語の文法を持った、意味のある方言だったことに、改めて驚かされました。

日本各地の地域性を感じさせてくれるのも、まんが日本昔ばなしの魅力の一つ。たまに「えっ、ここで〇〇弁?」って思う時もありますので鵜呑みにはできませんが、いい勉強になります。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

95 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)