返信する: 各話のコメント
権兵衛峠 についてのコメント&レビュー投稿
昔、信州木曽の薮原(やぶはら)あたりは、山に囲まれて田んぼもなく、周りの峠道も危険だったため米を運び入れることも出来なかった。そこで村人たちは、山の段々畑でそば、キビ、...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 権兵衛峠 神谷
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/8/27 20:55

「薮原からさらに山の奥に入った神谷(かみや)という所に、力持ち権兵衛という木こりが住んでいた。」

神谷 は、木曽町の旧宮越村にあった。 姥神トンネル西側にある。

日義村(ひよしむら)は、長野県木曽郡にあった村である。(現在の木曽町)
村名の由来 朝日将軍木曾義仲が平家討伐の旗挙を行った地であることから義仲にちなんで「日義村」と命名。
1874年(明治7年)11月7日 - 筑摩県筑摩郡原野村・宮越村が合併して日義村となる。
2005年(平成17年)11月1日 - 木曽福島町・開田村・三岳村と合併して木曽町が発足。同日日義村廃止。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%BE%A9%E6%9D%91

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)