返信する: 各話のコメント
村のネズミと町のネズミ についてのコメント&レビュー投稿
昔々、ある村里へと続く道を、ちゅう次郎という名の仲人好きの一匹のねずみが歩いていました。ちゅう次郎は、ある百姓屋に住むねずみの家をたずねるところだったのです。ねずみの家...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 村のネズミと町のネズミ
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/8/25 14:15

東山村(ひがしやまむら)
新潟県古志郡にあった村。1954年11月1日、小千谷市と北魚沼郡川口村(現:長岡市)に分割編入された。
沿革
1889年4月1日 町村制の施行に伴い、
古志郡 南荷頃村、小栗山村、木沢村、
北魚沼郡 塩谷村
が合併し、東山村成立。
1954年11月1日 木沢は川口村に、残部は小千谷市にそれぞれ編入される。(川口村は後に町制施行し、川口町となる)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%B1%B1%E6%9D%91_(%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C%E5%8F%A4%E5%BF%97%E9%83%A1)

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

48 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)