返信する: 各話のコメント
瓶に頭 についてのコメント&レビュー投稿
昔、大喰らいで働き者の長兵衛という男が、年老いた母親と二人で暮らしていました。 ある秋の日、縁あって隣村から嫁がやってきました。初めての嫁の里帰りの時に、長兵衛も嫁の実...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
瓶に頭 類似話2
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/7/1 11:35

トメ子とバカ婿(とめことばかむこ)
嫁をもらったバカ婿が正月婿礼に行くと、出された甘酒があまりにもおいしく、もっと飲みたいが遠慮した。
夜甘酒が飲みたくて眠られず、瓶に入った甘粕を瓶ごと傾けて全部飲むと、瓶が頭に被さって取れなくなりそのまま便所に隠れた。朝親方が便所に来て、石で尻を拭い、捨てたら婿の瓶に当たり、瓶が割れてばれた。互いに恥だから誰にも言わないようにと約束したが、次の日宴会で親方が「鶴かめー」と歌ったら婿が「親方石で尻拭った」と言い、どちらも化けの皮がはがれた。

秋田の昔話・伝説・世間話 (地域・現地名:由利本荘市松ヶ崎 )
http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php?serial_no=6389

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)