返信する: 各話のコメント
瓶に頭 についてのコメント&レビュー投稿
昔、大喰らいで働き者の長兵衛という男が、年老いた母親と二人で暮らしていました。 ある秋の日、縁あって隣村から嫁がやってきました。初めての嫁の里帰りの時に、長兵衛も嫁の実...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
瓶に頭 類似話
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/7/1 11:28

からかさと瓶(かめ)と石 (八王子 中村ヒロ)

 昔あったげだ。秋山の人が十日町から嫁もろうたと。ちょうど雨降りだったんだんが、からかささして来たと。秋山の家の衆は、からかさなんて初めて見たんだんが
 「さあおおごっだ。あっげのごうぎのがんさして、家の中へ入らんね」
というで、大さわぎして戸をはずしたりしたと。ほうしたら、嫁は、家へはいるとき、そのからかさをひょこんとしょごめたと。
 「町てや、なったらおかしなもんがあるがだい」
というて、秋山の衆はいんなたまげてしもうたと。
 十日町で祝言(しゅうげん)のあった晩、夕飯に出された砂糖(さとう)ぼたもちがうまくて、聟はどうろ食ったと。まだ食いたくておごっだんだんが、家の衆がぼたもち入れた瓶(かめ)をどこへしもうやらと見ていたら、戸棚(とだな)にしもうたと。夜さるになって、いんな寝てから、戸棚を開けて瓶出して食ったら、うまかったんだんが、瓶の中に頭つっこんで食っていたと。ほうしたら、こっだ頭出そうとしても出さんねなったと。おごとだんだんが、瓶かぶって便所の隅に隠れていたと。
ほうしたら、そこへ祝言によばれたお客が来て、便所へ入ったろも、紙がなくて、石でけつ拭(ぬぐ)うてそれをぽんとぶちゃったら、ちょうど瓶にあたって、瓶が割れたと。その下に聟が隠れていたんだんが、客はたまげて
 「おめえさんまた、どうしてそっげのどこへいるがだい」
ときいたと。聟は、
 「ぼたもちが食いたくて戸棚捜したら、瓶の中に入っていて、食ってみたらあんまるうまくてうまくて。瓶の中に頭つっこんで食っていたら、頭が出さんねなってしもうて」
というたと。ほうして、二人は、聟がぼたもち盗み食いしたことと、客が石でけつ拭うたことを決して話さないしようときめたと。
 次の朝げ、祝言の席で、そのお客が、「つるかめ」と唄をうとうたんだん
が、聟は、
 「瓶のこというと、石のこともいうぞ」
というたと。これでいちがさらーんとさけた。

新潟県の民話
http://goze.holy.jp/mukasi/ookamitaiji/26.html

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)