返信する: 各話のコメント
椎の木のうろ についてのコメント&レビュー投稿
昔、石川県の高座(こうざ)のお宮に、大きなうろ(穴)のある椎の木がありました。 ある日、この村の地主の喜平さんの屋敷に、どこからか小石が飛んでくるようになりました。この...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
巨木
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2015/6/18 17:17

高座のアベマキ群
能美市高座町八幡神社の境内には3本のアベマキの大木がある。最も大きいものは高さ約28m、 幹周約3.8mを測り、本市では最大、石川県内に現存するアベマキの巨樹としては最大級である。
永年、高座町の神木としてまたシンボルとして慣れ親しまれてきた。 他の2本も樹容は、太い幹と空に大きく伸びる枝、分厚いコルク質の樹皮をもち、老木としての風格 も備え立派である。  

アベマキは古くから薪や炭など原料として使用されてきたため、伐採されることが多く、このような巨木 が遺存しているのは大変希少であり、後世に保存継承すべきで貴重な文化財である。

http://www.city.nomi.ishikawa.jp/syogai/bunkazai/siseki_kinennbutu/kouzanoabemakigun.html

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)