返信する: 各話のコメント
北方と南方の村ざかい についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、今の広島県豊田郡本郷という所の奥に広い野原があって、その真ん中に年老いた松が一本立っておったんじゃ。その松の木を挟んで、北の方にある村を北方、南の方にある...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 北方と南方の村ざかい
投稿者: 三原市 投稿日時: 2015/2/23 23:36

松の木があったのは国道2号線沿いの山陽ドライブイン付近だとうちの親が言っていました。店名はレストラン山陽に変更になっているかもしれません。また本郷町は三原市に合併して三原市南方 2丁目、三原市下北方、三原市上北方などに地名の表記が変更されているようです。ちなみに実際の河内と本郷の間はこの地区より北の船木と言う地区で山陽自動車道の本郷インターチェンジや船木峡があります。話し手がこの地区との縁が薄い地区の人なので誤って記憶していたのだと思います。竹原市忠海と三原市小泉の境も同じような方法で決めたと言う噂も聞いたことがあります。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)