返信する: 各話のコメント
白狐の湯 についてのコメント&レビュー投稿
岐阜県は瑞浪市釜戸町の西の外れ、百田という所での話だった。人里離れたこの場所に草堂を結び、一人で暮す老僧がいた。僧は自然を相手にした生活の中、くる日もくる日も木材に鑿を...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 白狐の湯
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2014/10/13 23:38

ヒトツバタゴといえばナンジャモンジャの木ですね
本来は何かよく解らない木の総称ですけど、園芸界ではナンジャモンジャの木=ヒトツバタゴのようで
とにかく雰囲気がいいお話ですよね
お坊様も老狐も、何とも言えず優しくて穏やかで、ふたりの交流が心温まっただけに、
お坊様が葉の枚数を数え間違えて弁天像を渡してあげられなかったのは切なかった

そうそう、説明文では観音様となってますが、正しくは弁天様ですよ、この話の中では
__
ご指摘ありがとうございました。観音像→弁天像に訂正 (2014/10/18)

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)