返信する: 各話のコメント
耳なし芳一 についてのコメント&レビュー投稿
昔、下関(赤間関、あかまがせき)の阿弥陀寺(あみだじ)というお寺に、びわ法師の芳一(ほういち)という男がいた。幼いころから目が不自由だったが、琵琶(ビワ)の腕は師匠をし...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 耳なし芳一
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2014/6/14 22:15

子どもの頃は怖い話だと思っていましたが、今日あらためて見るに、平家一門の亡霊を「怨霊」と決めつけなくてもいいじゃんねぇ…と、ちょっと見方が変わりました。
七日七晩、琵琶を聞かせに出向いていたら、それはそれで何らかのご褒美がもらえたかもしれない。むしろ、むやみに逆らって耳をむしり取られることはなかったかもしれない。
そんな風に思えました。
平家の亡霊たちが壇ノ浦合戦の琵琶語りを聞いて涙する。それがそんなに恐ろしくて、悪いことだろうかと。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)