返信する: 各話のコメント
またたび についてのコメント&レビュー投稿
雪がしんしんと降り続いているある夜の事、一人の男が女房に向かって話しはじめました。 昔、長野の塩尻に、病気の母親と暮らす一人の博打好きな若者がいました。若者は毎日博打に...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: またたび
投稿者: 蛇足 投稿日時: 2014/3/5 0:00

知名度の低い昔話ですが、不屈の傑作だと思います。必至の思いで手に入れた甦りの水が、結局は間に合わず、死別を避ける事ができないという筋に加えて、死者の前で湧出する描写が冴えていて、さらに追い打ちをかけるように、それらの失敗が、男を改心させ平凡な一家庭の屋台骨となったということが語られる。宗教美学とさえいえるような、そんな深い味わいがある作品です。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)